少子化と雇用問題

少子化と雇用問題

20世紀の後半になると晩婚化が顕著になってきて20代のうちに結婚しない人が増えてきました。
30代から40代に結婚をして出産となると大きなリスクを抱えてしまうことになるので、晩婚化になると子供を産まない家庭もあります。
結果的には様々な原因が重なった結果、少子化になってしまったのです。
数十年前ならたくさん兄弟がいて当たり前の時代でしたが、今は一人っ子も珍しくありません。
また医療の技術が進化したことで、おじいちゃんやおばあちゃんの世代で長生きする人が増えてきた結果、少子高齢化の図式が生まれてしまったのです。
このまま少子化が深刻になると、若年者雇用が不安定になってしまい、日本経済にも影響してしまいます。
ひいては生活レベルの低下も考えられます。